■1日体験講座の生徒さん募集中
「香り」ファンの方に、気軽に楽しんでいただける体験講座です。
詳しくは下記のページをご覧下さい。
サロンドミナミ * 1日体験講座


■四季のビューティフレグランス講座(冬)シクラメンコース

調香、香水、アロマセラピーをダイジェストに学んで頂く講座です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
サロンドミナミ * 四季のビューティフレグランス講座(冬)

2010年12月30日

2010年お気に入りの香り

IMGP0963.JPG

皆様こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

今年もあっという間に残り2日になってしまいましたがお元気でしょうかグッド(上向き矢印)

本日は今年を振り返り私が気に入った香水を紹介します黒ハート

LE PARFUM DE THERESE / FREDERIC MALLE
テレーズの香水 / フレデリック・マル


IMGP0964.JPG

最も愛する妻「テレーズ」のためだけに香水を創ったのは、「デイオリッシモ」「オー・ソバージュ」などを創った20世紀を代表する最も偉大な調香師「エドモン・ルドニツカ」揺れるハート

IMGP0965.JPG

「テレーズの香水」は1960年代に創りましたが時代を先取りしすぎた香りの為、専門家から賞賛されたにもかかわらず一般には公開されず彼の妻だけのものでしたぴかぴか(新しい)

IMGP0966.JPG

エドモン・ルドニツカの没後、2000年6月にフレデリック・マルから限定発売されましたぴかぴか(新しい)

フレデリック・マルは、パルファン・ディオールの創始者の孫で気に入ったものだけを限定発売しているブランドです。るんるん

壁には調香師の写真がズラリかわいい

私はパリの店に行きましたが一人一人丁寧に香りのカウンセリングをしてくれて、また人間が入れる香りを試すカプセルがありました雷

斬新な企画と演出にブランドのこだわりを感じました晴れ

香りはトップノートがマンダリン、プラム、メロンなど現在流行しているフルーティで清楚な印象の香りですが、ミドルノートからジャスミン、胡蝶蘭、バラなどダイナミックで高貴な香りに変化し、ラストノートはナツメグ・シダー・べチベル草などスパイシーでシャープな現在の働く女性にお似合いの香りになっています揺れるハート

お蔵入りされずに本当に良かったぴかぴか(新しい)

ぜひ、お試しくださいませわーい(嬉しい顔)

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ





posted by 美波 at 14:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

MEMOの香り

IMGP0720.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

東京は昨日までとはうって変わり最高気温が23℃最低気温が18℃と肌寒い雨でした

皆様、体調管理にはくれぐれもお気をつけくださいね黒ハート

私はやっと新装オープンした銀座三越に行ってまいりましたぴかぴか(新しい)

正面玄関から、フレグランスコーナーが新しく設置され入った途端にテンションが高くなりました揺れるハート

そこで昨年パリにあるボンマルシェというデパートで見つけた「MEMO」というブランドを発見晴れ

本日は「MEMO」を紹介しまするんるん

クララ モリーが2007年に創設したフレグランスのブランドです黒ハート

クララは、彼女のルーツであるスペインや、世界各地を旅したことでインスパイアされた想いや記憶を香りに込めて、MEMOを創り出しましたグッド(上向き矢印)

私も旅先で感動した思い出を香りに託して表現しているのでコンセプトは同じだなと共感ハートたち(複数ハート)

昨年、ボンマルシェで買った香りは、「LALIBELA ラリベラ- IN ETHIOPIA -」

巡礼と祝賀の街、ラリベラ。
エチオピアの標高2500メートルに位置する神秘に覆われた聖地を表現した、大きな喜びに満ちた元気な香り。

香調: フレッシュオリエンタル

ココナッツ、オーキッド、ローズ、ピオニー、ジャスミン、パチュリー、シスタス、バニラ、タバコ、インセンス、ウッド

ミステリアスなローズの香りで秋冬におすすめな香りです揺れるハート

ぜひ、お試し下さいませわーい(嬉しい顔)


人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ




posted by 美波 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

父の日におすすめな香り

IMGP0724.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

あっという間に6月になりましたが、皆様お元気ですかグッド(上向き矢印)

本日は、父の日のプレゼントにおすすめな香りを紹介しますぴかぴか(新しい)

COLOGNE BIGARADE / FREDERIC MALLE
コローニュ・ビガラード / フレデリック・マル


フレデリック・マルは、パリの香水ブティック”エディション・ドパルファン”のオーナーにして、オリジナルの香りをプロデュースした人物ですかわいい

パルファン・クリスチャン・ディオールの創始者を祖父とする環境で、自身も香料会社でビジネスの経験を積み、独立。

彼が目指したのは、マス・マーケットではなく、本当に香りを愛し、自分に似合う香りを探し求める人のフレグランス黒ハート

そのため、仕事を通じて知り合った超一流の調香師たちに、自由な発想による香りづくりを依頼雷

コーローニュ・ビガラードは、調香師ジャン・クロード・エレナの香りですハートたち(複数ハート)

コロンは17世紀に香水の1カテゴリーとして誕生し、以来様々な調合が研究されてきたもの。

マルはコロンを手掛けるなら、これまでにない軽い香りでたっぷり使えるもの、そして”苦い香り”を創りたいという、長年温めてきたこの考えを調香師ジャン・クロード・エレナに相談し調香を依頼。

しかし、すぐには納得いく仕上がりが得られなかったそうですもうやだ〜(悲しい顔)

そこで、エッセンスの抽出に新しいテクニックを用いて、フレッシュなビターオレンジの香りに成功しました晴れ

ビターオレンジをベースに、ローズ、ペッパー、カルダモンなどのエッセンス含む、ユニセックスでモダンな香りでするんるん

男女問わず人気を博していますが、ぜひ父の日のプレゼントにおすすめなので、お試し下さいませプレゼント

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ



posted by 美波 at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

母の日におすすめな香り

IMGP0589.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

GWは、あっという間に終わってしまいましたが皆様、満喫されましたか晴れ

さて、今度の日曜日は母の日ですぴかぴか(新しい)

本日は、母の日におすすめな香りを紹介します揺れるハート

Muguet / Guerlain
ミュゲ / ゲラン


フランス語ではミュゲ、日本語ではスズランと呼ばれている香りは、日本で多く消費されている香料のひとつですグッド(上向き矢印)

洗剤、石鹸、シャンプーなどあらゆるものに使用され、日本で馴染みがあり人気のある香りです揺れるハート

フランスでは、5月1日にすずらんをプレゼントされると幸せになれると言い伝えられ、今でもプレゼントをする習慣があり、この時期フランスに行くと、ホテルの部屋にもすずらんが飾ってありますかわいい

ゲランのミュゲの香りは、パリの本店に期間限定で発売されていると知り、昨年シャンゼリゼにある本店で香りを試してまいりました黒ハート

ゲランらしい、天然香料8割を使用した贅沢な香りは、やわらかい、パウダリーな香りで心が癒されますぴかぴか(新しい)

今年はなんと、日本に期間限定で登場しております雷

4月21日から新宿伊勢丹で発売るんるん

60mlのオードトワレで、4万3千500円とかなりお高めですが、ぜひこの機会に香りだけでもぜひお試しくださいませわーい(嬉しい顔)

極上な気分に浸れますよハートたち(複数ハート)

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ

posted by 美波 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

ディプティック

IMGP0643.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

GWは、家でゆっくりくつろぎたいという方も大勢いらっしゃると思いますぴかぴか(新しい)

リラックスしたいとき、疲れたとき、そんなときには、ぜひフレグランスキャンドルに火を灯してみてくださいグッド(上向き矢印)

炎のあたたかな色とやわらかな揺らぎ、そして穏やかに広がる香りに包まれて、自然と心が癒されます晴れ

本日は、フレグランスキャンドルで有名なディプティックを紹介しまするんるん

DIPTYQUE / ディプティック

パリのサンジェルマン大通りに本店をかまえるディプティックの創業は1961年揺れるハート

香りのクオリティはもちろん、インテリアとしても使えるデザイン性の高さも注目されています雷

それもそのはず、創業者はパリの美術学校ボザールでインテリアデザインを勉強した3人の友人たちが立ち上げたブランドだからハートたち(複数ハート)

アーティストとしての感性と美意識がデザインや調香に表れ、それまでのパフューマリーの固定観念を覆す作品作りで瞬く間に人気を得、不動の地位を確立黒ハート

そんな彼らが香りを創り出す原点は、地中海や近東で過ごした思い出や旅先での情景かわいい

今年の4月14日には、商品ごとに地中海周辺の都市をイメージした初のボディケア・ラインに、新3品が仲間入り。

カルタゴをイメージしたザクロの香りの「スムーズイングスクラブ」、南仏グラースを舞台にラベンダーの香りの「マイルドハンドウォッシュ」、ギリシャ・コリントスの”黄金の花”ヘリクリサムの香りの「ソフトハンドローション」を発売晴れ

フレグランスキャンドルとあわせて、ぜひお試しくださいませわーい(嬉しい顔)

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ

posted by 美波 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラーハリス

IMGP0631.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

GWの初日はいかがお過ごしでしたかぴかぴか(新しい)

本日は、私の母校であるサンキエーム・サンス・パリ出身のミラーハリスを紹介します晴れ

Miller Harris / ミラーハリス

若き、イギリスの女性調香師、リン・ハリスは、パリにある香りの名門校「サンキエームサンス」で知識を学び、グラースで経験を積んだあと、2000年に「ミラーハリス」の名でブランドを創設雷

ちなみにブランドネームは、祖父のミドルネームとのこと揺れるハート

イギリスのケンジントン宮殿にほど近いネーザン・ロードに店舗をかまえると、すぐに注目が集り、フランスのコレット、NYのバーニーズでも展開グッド(上向き矢印)

イギリスでも、数人しかいないと言われる研ぎ澄まされた嗅覚の持ち主と知られ、その嗅覚から次々と誕生する香水は、自然の材料を大切にした貴重な香りとして多くの人々を魅了していますハートたち(複数ハート)

春夏におすすめな香りは、ゼラニウムバーボンかわいい

通り雨の後のイングリッシュローズガーデンをイメージした香りは、透明感がありながら、深いグリーンノートの奥に濃密なローズの甘さが匂う、洗練の香りです黒ハート

ぜひ、お試しくださいませわーい(嬉しい顔)

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ
ラベル:ミラーハリス
posted by 美波 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

アニック グタール

IMGP0646.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

本日は、私の母校、サンキエーム・サンス・パリの出身であるアニックグタールを紹介しますぴかぴか(新しい)

Annick Goutal / アニック グタール

創業者のアニック・グタールは、製菓商の家に生まれ、トップモデルとして活躍後、イギリスで、グラース出身の香水クリエーターに出会い、香水創りに目覚めます雷

1980年、パリに小さなブティックをオープンし、「フォラブリル」「オードアドリアン」を発表晴れ

その香水の評判が口コミで広がり、ビックブランドとなりました黒ハート

アニックグタールが、天然の香料にこだわり、自然のエッセンスを集めた本物志向の香りと、美しいボトルで、瞬く間にファンを増やしていきました揺れるハート

アニックは、約20のフレグランスを誕生させますが、53歳という若さでガンのため逝去もうやだ〜(悲しい顔)

現在は、アニックの愛娘カミーユ・グタールと、アニックのアシスタントだったイザベル・ドワイアンがその優雅な世界を引き継いでいまするんるん

稀少であることにこだわった優雅なブランドですかわいい

ぜひ、お試し下さいませわーい(嬉しい顔)
人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ


posted by 美波 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

春にお似合いの香り

IMGP0654.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

すっかりご無沙汰してしまいましたがお元気ですかグッド(上向き矢印)

本日は、春にお似合いの香りを紹介しますぴかぴか(新しい)

incanto bloom / Salvadore Ferragamo
インカントブルーム / サルヴァトーレフェラガモ


発売年:2010年3月

タイプ:フローラル・フルーティ


誕生から30周年を祝って、フェラガモは初めて「ヴァラ」リボンを冠したフレグランスを発表揺れるハート

「ヴァラ」リボンとは、フェラガモの靴やバックに用いられる伝統的アイコンで、ひと目でフェラガモとわかるデザインになっていまするんるん

香りは、アジアの若年層に人気を博してきた「インカント ドリーム」に始まる”ヤングコレクション”(全5作)とは一線を画す、新たな”カルトコレクション”の第1弾としてより広い年代に向けてワールドワイドに展開ハートたち(複数ハート)

”ブルーム”(=咲き誇る)花々を思わせる、よりフローラルに満ちた香り黒ハート

グレープフルーツフラワー、フリージア、ティーローズ、バリに咲く花、チャンパカフラワーなどが、フェラガモの洗練とエレガンスを情熱的に生き生きと花開きあふれます晴れ

調香師には、近年大人気のソフィ・ラベ雷
フェラガモのシックでファッショナブルな世界観を見事に創りだしていますぴかぴか(新しい)

ぜひ、お試しくださいませわーい(嬉しい顔)

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ


posted by 美波 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

華やかなパーティにお似合いの香り

IMGP0597.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

今年もたくさんの新作香水が発売されましたが、皆様お気に入りの香りは見つかりましたか?

本日は、今年発売された香水で華やかな席におすすめな香りを紹介しますぴかぴか(新しい)

フローラ バイ グッチ/ グッチ
Flora BY GUCCI / GUCCI

発売年:2009年

グッチのモチーフ、フローラルプリントにインスパイアされた香りかわいい

フローラルを基調としながらも力強い印象の香りでするんるん

フェミニンで官能的なフローラルが基調となったミドルノートは、華やかなローズと中国原産の花、オスマンタスのまろやかな芳香が融合揺れるハート

トップノートはシトラスとピオニーの爽やかさで若々しさを表現晴れ

そして、グッチの香りを象徴するパチュリとサンダルウッドはラストノートを力強く雷

グッチの伝統は守りつつも現在の女性を彩った、若さと深みを併せ持つモダンでフェミニンな香りです黒ハート

これから、新年会など華やかな席にはとってもお似合いの香りですので、ぜひお試しくださいませわーい(嬉しい顔)

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ


posted by 美波 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

ザ ディファレント カンパニー

IMGP0648.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

今年も残すところあと3日ダッシュ(走り出すさま)
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

本日は、21世紀ならではの独創性あふれる香りが揃う、「ザ ディファレント カンパニー」を紹介しますぴかぴか(新しい)

ブルガリのオ・パフメシリーズ、エルメスの庭シリーズなど手掛けた世界的にその名が知られている現在の調香師、ジャン・クロード・エレナとその娘セリーヌ・エレナが1999年に設立した香水ブランド黒ハート

天然香料を豊富に使用した贅沢な香りをコンセプトとし、男女問わず使うことのできる、独創性あふれる香水を次々と生み出しています雷

ボトルはプロダクツデザイナーである、ティエリー・ドゥ・パシュマコフるんるん

私が好きなのは、オスマンチュス揺れるハート

中国の紫禁城を訪れたジャン・クロード・エレナを捉えた感動の記憶をデザインした香り晴れ
250mlにつき20キロの金木犀の花が使われていますぴかぴか(新しい)

日本人に馴染みやすい金木犀の花を贅沢に使用し、爽やかでいて深みのある香りハートたち(複数ハート)

ぜひ、お試しくださいませわーい(嬉しい顔)

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ




posted by 美波 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

ジョーマローンの香り

IMGP0682.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

今年も残り1ヶ月となりましたダッシュ(走り出すさま)
1年って本当に早いですねあせあせ(飛び散る汗)

本日は、1994年に英国、ロンドンで誕生したフレグランスブランド、「ジョーマローン」を紹介しますぴかぴか(新しい)

ジョーマローンの魅力は、「フレグランスコンバイニング」を提案している点ですハートたち(複数ハート)

複数の香りを重ねて「自分だけの香り」を創り、一人一人の感性に合った香りを見つけていく、という遊び心ある提案黒ハート

こうしたサービスを始めた背景には、香りは人にとって心地よいものであり、香りに包まれた生活こそ豊かであるという考えがあるからだそうです。

香りとの付き合い方は人それぞれ。ある意味、その人のライフスタイルに通じるものがありまするんるん

例えば、朝、目覚まし代わりに付ける香り、仕事をする時の香り、家でリラックスする為の香り、普段着からドレスアップした時の香りなど揺れるハート

シーンごとに香りを楽しむことで、今度は香りをかぐとそのシーンの大切な思い出やストーリー、インスピレーションを得られるようになります黒ハート

それこそが本当にリュクスな香りとのつき合い方雷

IMGP0684.JPG

私が好きなのは、「ネクタリン ブロッサム & ハニー」の香りかわいい

つけた瞬間は、アルコールがやや気になりますが、時間が経つに従って、ピーチシャーベットを彷彿させるような甘い香りが心地よく、初めて体験した究極のスイートコンビネーションの香りです晴れ

伊勢丹新宿店に日本初上陸して以来、1周年を迎え今年の9月3日に「丸の内ブリックスクエア」に日本初の路面店「ジョーマローン丸の内」がオープンしました。

12月4日には、新作「フレグランス クロニクル」が登場晴れ

完成された香りと、それを構成するトップ・ミドル・ベースのキーノートの香りのセットですぴかぴか(新しい)

ぜひ、お試しくださいませわーい(嬉しい顔)

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ


posted by 美波 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

ペンハリガンの香り

IMGP0692.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)
本日の東京はコートがいらない程、暖かい日でした晴れ

本日は、イギリスのブランドで、ヴィクトリア王朝時代から王室に親しまれた「ペンハリガン」を紹介しますかわいい

約140年前、ロンドンに理髪店を開いたウィリアム・ヘンリー・ペンハリガンが創始者。

ヴィクトリア女王の時代後期にトータルグルーマーとしての実績が評価され、王室御用達になりました。

1956年にはエディンバラ公、そして1988年には英国皇太子の王室御用達許可証も与えられています。

伝統と常に新しい革新を続けているブランドです揺れるハート

IMGP0691.JPG

私は、特に「リリー・オブ・ザ・バレー」の香りが大好きでファンになりました黒ハート

香り全体に暖色系というよりは、寒色系を感じ、清潔感と正統派を感じさせる「すずらん」の香りですかわいい

私は、数多ある香りのブランドが創っている、フランス語ではミュゲ、英語ではリリー・オブ・ザ・バレーと読む「すずらん」の香りの中で、ペンハリガンの「すずらん」の香りが一番大好きですぴかぴか(新しい)

12月1日には、新作の香り「アマランシィ」が登場るんるん

「アマランシィ」とは、”不死”の意味。

香りは、トップノートは、スパイシーなトロピカルグリーンの香りでドラマティックに雷

ジャスミン、イランイランの花々の香りを経て、ラストではスパイスやティー、ムスク、トンカビーンズアブソリュートに包まれたクローブの香りが広がりますかわいい

巨匠ベルトラン ドュショフールの手による調香でするんるん

ぜひ、お試しくださいませわーい(嬉しい顔)

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ

posted by 美波 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

秋におすすめな香り

IMGP0638.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)
街を歩いている方のファッションがすっかり秋に移り変わっていますねるんるん

本日は秋におすすめな香りを紹介しますぴかぴか(新しい)

UN JARDIN SUR LE NIL / HERMES
ナイルの庭 / エルメス


発売年:2005年


2003年の「地中海の庭」に続く庭園のフレグランスシリーズの第2弾となる香りは、今、話題の人気調香師ジャン=クロード・エレナが描くエジプトのナイル川とその自然からイメージした香り揺れるハート

2005年は「癒し」がキーワードの時代でした。
深いリラックス感、深い癒しを求め、香料もロータスフラワーなど水辺の植物が使われる傾向がありました。

従来のオゾン、マリンタイプと似ていますが、柑橘系がそこまで感じず、海の中にいるような幻想的な感じがするのが特徴です。

エルメスの2005年のコンセプトは「川の流れとともに」というテーマでした。

香りは「ナイルの庭」、ケーリーバックになどに付いている南京錠みたいなカデナには動物のカバ、カバのデザインのネクタイもあり、とってもかわいかったですハートたち(複数ハート)

ちなみに2009年のエルメスのコンセプトは「美しき逃避行」がテーマわーい(嬉しい顔)
スカーフやネクタイは旅行バックのデザインになっています。

「ナイルの庭」の香りは、クレオパトラも愛でたかもしれない睡蓮の美しい風景がイメージできる上品な香り。香りの構成もまたナイルの賜物からヒントを得ています。

生き生きとしたグリーンマンゴー、ロータスの花と芳香を放つイグサの香りが、インセンスやシカモアウッドと溶け合い、豊潤できらきら輝く命と光、オアシスを感じさせますぴかぴか(新しい)

フルーティ、グリーン、ウッディノートのユニセックスな香りるんるん

秋の夜長に癒される香りなので、ぜひお試しくださいませ黒ハート

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ

posted by 美波 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

夏の終わりに似合う香り

IMGP0599.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)
本日の東京は秋晴れで、すがすがしい陽気でした晴れ
今年の夏は短くてちょっと残念ですが、夏の終わりに似合う香りを紹介しますぴかぴか(新しい)

DOLCE & GABBANA light blue / DOLCE & GABBANA
ドルチェ&ガッバーナライトブルー/ ドルチェ&ガッバーナ 


2001年発売

トップノート:ブルーベリー、シチリアンシトロン、グラニースミスアップル
ミドルノート:ジャスミン、バンブー、ホワイトローズ
ラストノート:シダーウッド、アンバー、ムスク

ドルチェ&ガッパーナとは、ドメニコ・ドルチェとステファノ・ガッパーナ、2人のデザイナーが作りだすイタリアのファッションブランド。

1985年のミラノコレクションの新人部門で大成功ぴかぴか(新しい)
センセーショナルな華やかさとアヴァンギャルドなテイストで世界中どこに行っても見かける不動のブランドが手がける香りは、他とは違った個性を放ちます揺れるハート

特に「ドルチェ&ガッパーナライトブル」ーは発売当初、男女問わず大ブレイクし、街を歩けば必ず香りを付けている人に遭遇するくらい絶大な人気を誇りましたハートたち(複数ハート)

こころが染まる、限りなく透明なライトブルーの香りは、心地良い風が新鮮でジューシィなフルーツの香りを運んできます。

ベリー系のフルーティーなトップノートから躍動感あふれる香り立ちに変化し、ラストノートはエレガントな香りへと優しく包みこみます。

さわやかな香りは誰からも好感が持たれます黒ハート

ぜひ、夏の余韻と共にお試しくださいませ。

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ



posted by 美波 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

セルジュ・ルタンスの香り

IMGP0704.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)
東京は、台風が接近中で大荒れの天気ですが皆様お元気ですか。
くれぐれも、十分に気をつけてくださいね。

本日は、私が大好きなブランド、Les Salons du Palais Royal Shiseido/ レ・サロン・デュ・パレ・ロワイヤル シセイドウを紹介します。

1992年9月のオープン以来、カトリーヌ・ドヌーヴ、イザベル・アジャーニらの名前が連なる顧客リスト。”隠れ家”的魅力でスノップな人々に愛され続けている香水サロンは、パレ・ロワイヤルでもひと際美しく、ミステリアスな場所です。

香水もインテリアもすべて資生堂のイメージ・クリエイター、ムッシュ・セルジュ・ルタンスがプロデュース。香り好きのみならずとも、インテリアは19世紀初頭のディレクトワール様式で大変感激間違いなしの本当に美しい空間です。

IMGP0705.JPG

セルジュ・ルタンスの香りは、決して万人受けするとは言いがたいかもしれませんが、詩を読んでいるような、独特な魅惑的な香りは一度使うとやみつきになります揺れるハート

「セルジュ・ルタンス」、その名前とフレグランスは私たちにもなじみが深いですが、人となりは謎に包まれています。知られているのは、独特の美意識をもち、フランスからモロッコに移り住んだ、香りの詩人であるという事実。

セルジュ・ルタンスは、14歳でフランス北部のリールにある地元ヘアサロンで見習いを始め、1963年ヘア&メイクアップアーティストに。仏「ヴォーグ」などで活躍。1968年には、クリスチャン・ディオールのメイクアップラインのカラークリエイター就任。同年、モロッコへの初めての旅。1980年から資生堂の国際イメージ・クリエイターを務め、1982年資生堂から初めてのフレグランスを発表。

セルジュ・ルタンスの香りとして、おそらく最も有名な「フェミニテ・デュ・ボア」はもちろん、このブッティックにしかない香り「Les Salons du Palais Royal Shiseidoシリーズ」もお勧めです黒ハート

私は、2007年秋に発売された、サラセン人を意味する「Sarrasins(サラザン)」を購入しましたぴかぴか(新しい)

サラセン人とは、中世ヨーロッパでイスラム教徒全般を指した呼び名で、サラセン人の影を意味するこのフレグランスは、インクのような鮮やかなパープルの香料の色とは対照的に、むせるような白い花を匂わせます。

セルジュ・ルタンスいわく、「恐怖感や秘密と関係が深い、ミステリアスな香り」「私が好むのは、知性、精神、美しさ、ユーモア以外の何ものでもありません。香りを創るためのレシピやインスピレーションは特にないのです。第一、香りを”創る”とは大それた表現だと思いませんか?私は、単にまだ見ぬ香りを”復元”する為の作業をしているだけですから」

私も、セルジュ・ルタンスのように創りたい香り、好きな香りだけを創っていますが、セルジュ・ルタンスの幻想的な思考回路と美意識に、はやく近づきたいです晴れ


IMGP0708.JPG

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ



posted by 美波 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

夏に似合う香り第3弾

Reflection - GalleryPlayer.jpg

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

東京は、雨が降ったり雨 晴れたり晴れの忙しい天気ですが皆様、元気にしてますか?

本日も、夏に似合う香りを紹介しまするんるん

INSENSE ULTRAMARINE / GIVENCHY
アンサンセウルトラマリン / ジバンシィ


発売年:1994年

女性が最初に目をつけたメンズフレグランス黒ハート
いかにもオトコのニオイとは全く違う爽やかさが人気で女性の愛用者が数多くいました。面白いことにこの現象は日本国内だけとのことぴかぴか(新しい)

香りは、スプラッシュグリーンウッディタイプ。トップノートは、ベルガモット、ウォーターフルーツの透明感のある香り、ミント、カルダモン、クローブの爽快な香りから、ラストは自然を感じさせるウッディの香り、ヒマラヤ杉、セダー、ベチバーへと変化していきます。

イメージは、すみきったオーシャン、すがすがしさ、ダイナミックさ、バイタルティで弾ける波とさわやかな香りの波がエネルギー。海に飛び込む男性の姿をイメージ。カラーイメージはブルーイエロー。

爽快感溢れる香りは好感度間違いなく、性別を超えて愛されている香りです揺れるハート

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ
ラベル:
posted by 美波 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

夏に似合う香り第2弾

IMGP0356.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)
東京の週末はとっても良い天気でしたが皆様いかがお過ごしでしたか晴れ

本日は、夏に似合う香り第2弾でするんるん

写真は、フランスのニースからグラースに行く列車から撮ったニースの海です電車

ACOUA DI GIO / GIORGIO ARMANI
アクア ディ ジオ / ジョルジオ・アルマーニ


発売年:1995年


「ジオ」の水という名前のとおり、フレッシュで涼やかな香り。1995年6月に日本発売とともに大人気を呼び、発売後1週間で売り切れ店が続出したという伝説があります雷

地中海の空と海、そしてその上を渡る風の香りをイメージした香りは、マリンノートに数々の花々、マスカットがブレンドされた、マリンフローラルノートで、甘さと爽快さのバランスが絶妙です揺れるハート

香りは、時代を的確に映し出す”鏡”のようなもの。その流行の背景には必ず時代的な理由がありますぴかぴか(新しい)

1990年代、「オゾンノート」「マリンノート」と呼ばれる”空気”や”海”を感じさせるような、まったく新しいジャンルの香りが台頭してきました。その背景には、アウトドア志向、本格的なエコロジー・ブームなどの「自然との一体化」を望む精神があったからです。

私も1990年代はマリンノートの香りをたくさん愛用していました黒ハート

また、スキューバダイビングで潜った海をイメージした香りも創っていたので、必然的にマリーン系の香りフェチになりましたハートたち(複数ハート)

「アクア ディ ジオ」でぜひ、地中海のバカンスをお楽しみくださいませ。

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ



ラベル:
posted by 美波 at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

夏に似合う香り

IMGP0611.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)
関東は梅雨が明け、夏本番の季節になりました晴れ

本日は、夏に似合う香りを紹介します。

Fleur de Rocaille / CARON
フルール・ド・ロカイユ / キャロン


現在、香水ブランドの多くがオートクチュールとの連動で香水を発表しているのに対し、キャロンだけは1904年の創立以来一貫して香水だけを創作しています。

写真は、パリのモンテニュー通りにあるブティックです。店内には目も眩むような豪華なシャンデリアが飾られていましたぴかぴか(新しい)

IMGP0616.JPG

ここでは、香水の量り売りもしてくれるので、好みのボトルに入れて持ち帰ることもできます揺れるハート

IMGP0618.JPG

私が「フルール・ド・ロカイユ」を知ったのは、実は「セント・オブ・ウーマン(夢の香り)」という映画のシーンでした映画

アル・パチーノ演ずる盲目の退役軍人は、人生経験豊富で、女性のつけている香りと話し方で相手を見抜いてしまいます。ラストシーン、中佐がめぐりあう女性のの香りが「フルール・ド・ロカイユ」で、つつましやかで思慮深そうな彼女の余韻を残す心憎い演出でした黒ハート

ちなみに、「セント・オブ・ウーマン(夢の香り)」は、盲目の役で通すアル・パチーノの名演がアカデミー主演男優賞を獲得、他に作品賞、脚本賞も受賞ハートたち(複数ハート)

とっても、素敵な映画で「フルール・ド・ロカイユ」は一体どんな香りなのか気になり、探して香りを試しましたかわいい

「フルール・ド・ロカイユ」は「石の花」の意味。
1933年の発売以来、ロングセラーを続けている名香が60周年を迎えた1993年にモダンにリニューアルしてフレッシュに生まれ変わりました。

香りはフローラルブーケタイプ。基調になっているのは、バイオレットローズ、ライラックなどの優しい花々。ガーデニア、ジャスミン、スズランの清楚な香りもプラスされ、ライトでなんともいえない柔らかい香りに仕上がっています。

花の持つ優しさと、野の石のような強さの二面性を持った、魅力的な現在女性へ贈る香りです揺れるハート

ぜひ、お試しくださいませ。

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ

posted by 美波 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

初夏に似合う香り第2弾

IMGP0658.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

ブログを始めてからおかげさまで1年になりましたぴかぴか(新しい)

筆不精な私でも、ここまで続けることが出来たのは、皆様の温かいお声があるからですハートたち(複数ハート)

これからも、皆様のお役に立てるような情報を発信してまいりますので、よろしくお願い致します。

本日も初夏におすすめな香りを紹介しまするんるん

love by Nina /  NINA RICH
ラブ バイ ニナ / ニナリッチ


発売年:2009年

タイプ:フレッシュフローラルテンダー

トップノート:アップル、ライチ
ミドルノート:チェリーブロッサム、アップルツリーフラワー、アーモンド
ラストノート:アップルツリーウッド、ホワイトシダー、ムスク

その可愛らしいボトルデザインと、キュートな香りで発売以来人気のフレグランス「ニナ」から2009年リミッドエディションが登場黒ハート

写真は、パリ、オペラ座の裏通りの向かい側に位置する老舗大型デパート、ギャラリーラファイエット1階にあるニナリッチのカウンターですぴかぴか(新しい)

フランスでは、「ラブ バイ ニナ」は2009年限定版ということで、ニナリッチのカウンターでは、「ラブ バイ ニナ」が大々的に宣伝されていました。

特にギャラリーラファイエットのニナリッチのディスプレーは圧巻ぴかぴか(新しい)
あまりにも感動したので、許可を得て写真を撮ってきましたカメラ

さわやかなグリーンカラーのボトルにピンクのキャップがキュート揺れるハート

フレッシュでデリシャスな香りがトップノートから奏で、ミドルノートはフローラルとアーモンドが、遊び心たっぷりに香り、ラストはムスクなどがロングラスティングに優しく包みこみます。

ぜひ、今年の夏の香りにお試しくださいませ。

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ


posted by 美波 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

初夏に似合う香り

IMGP0585.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)
梅雨の晴れ間晴れの天気は気持ちがいいですねぴかぴか(新しい)

本日は、初夏にお似合いの香りを紹介します。

JICKY / GUERLAIN
ジッキー/ゲラン


発売年:1889年

タイプ:セミオリエンタル、アロマティック

トップノート:ベルガモット、ラベンダー、ローズマリー
ミドルノート:ローズ、ジャスミン
ラストノート:トンカビーン、ウッド、オポパナクス、バニラ

写真は、パリ、シャンゼリゼ通りにあるゲラン本店の中にあるフレグランス・テイスティングバーです揺れるハート

お店はいかにも老舗らしい、格調高い、香水専門店特有のエレガントな雰囲気をかもし出していましたぴかぴか(新しい)

私がこのお店に行った目的は、日本では手に入らない「ジッキー」のオードトワレを買うことでした。日本では、パルファン・エキストレのみ発売されています。

調香師はゲランの2代目、エメ・ゲラン。

ジッキーは、初めて天然香料とクマリン(トンカ豆から単離した分子)やバニリンのような合成香料を組み合わせた香り。

それまでの香水は、すべて単一のフローラルノートでしたが「ジッキー」はフローラルにスパイスや動物的な香りを調合し、今までの香水とは違う力強さ、持続性のある香調を生み出し「ジッキーは、初の現代香水」として語り継がれています。

私もパリの香水学校で「ジッキー」を摸倣しましたが、とっても難しかったですふらふら

意外にもベルガモットがかなり配分されており、それがわからなくて、なかなか先生からOKがもらえませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

名前の由来は、甥のジャックの愛称(後の3代目調香師ジャック・ゲラン)からと言われておりますが、偶然にもジッキーは、エメ・ゲランがイギリス留学中に惹かれた少女の愛称でもあったそうです。

エメは彼女にプロポーズしたのですが、彼女の家族が結婚を許さなかったそうです。エメは独身を貫きました。一族が語るには彼は常に彼女の思い出に忠実であり続け、その代わりに彼自身のエネルギーを創造的な香水に注ぎ込んだそうです。

躍動感と魅惑的な香りは映画のシーンにも登場します。
「タンゴ」という映画には、このようなセリフがあります。

「ゲランのジッキーをつけた女に感じるんだ」「たとえブスでも?」「ジッキーをつけた女にブスはいない。妻ともその香りが縁で知り合った。香水で恋におちたんだ」

香りから始まる恋もある、そんなストーリーをコミカルにまとめた「タンゴ」
全編に流れるタンゴの音楽と「ジッキー」の香りの話が印象的です揺れるハート

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ
posted by 美波 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする