■1日体験講座の生徒さん募集中
「香り」ファンの方に、気軽に楽しんでいただける体験講座です。
詳しくは下記のページをご覧下さい。
サロンドミナミ * 1日体験講座


■四季のビューティフレグランス講座(秋)オスマンタスコース

調香、香水、アロマセラピーをダイジェストに学んで頂く講座です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
サロンドミナミ * 四季のビューティフレグランス講座(秋)

2010年01月24日

大分香りの博物館

DSCN1615.jpg

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

本日は、九州の大分香りの博物館を紹介しますぴかぴか(新しい)

大分香りの博物館は、地域文化振興を目的とし、平成19年学校法人別府大学の施設としてオープンしましたいい気分(温泉)

1階は「香りのプロダクトギャラリー」があり、香りはどのように作られて、どれくらいの種類があるのか、香料の紹介や調合方法など紹介していますかわいい

他にFIFI賞受賞コーナーでは、年代毎に受賞した香水を紹介してあるので、その時代に流行した香りの特徴が的確に感じとれますぴかぴか(新しい)

また、「ボトルの魔術師」ピエール・ディナンを作品とともに紹介されているのも見所でするんるん

2階は「香りのヒストリーギャラリー」で香りの歴史と人々との関わりについて紹介していますハートたち(複数ハート)

3階は「アロマルーム」の体験やオリジナルな香水を作ることができますかわいい

DSCN1612.JPG

早速、作ってまいりました黒ハート

トップ、ミドル、ラストノートそれぞれのノートから1種類の香りを選択し、パーセンテージを決めていきます揺れるハート

私は、トップノートでは、リーフグリ−ンガルバナムなどのグリーンタイプを選び、ミドルノートでは、ローズ、ジャスミン、イランイランなどのフローラルブーケを選択し、ラストノートでは、サンダルウッド、ヒノキなどのウッディを選びました黒ハート

それぞれ、パーセンテージを決めて自分でバランスがいい配分を見つけていきます晴れ

全体で、30ml 作りますが、元のパーセンテージに戻したいなどのリクエストは、先生に相談することができますのでとっても簡単に仕上がりますぴかぴか(新しい)

私の香りは、ブランドの香りに例えるとカルバンクラインのエタニティのような香りになりました黒ハート

ミュージアムショップでは、大分特産の「カボス」をイメージした、ご当地フレグランス「カボスオードトワレ」があります雷

以前、私はこの香りを聴いたことがあるので、記念に購入しました揺れるハート

緑豊かな大地に実るカボスの香りは、爽やかでやわらかな香りですハートたち(複数ハート)

香りファンには見ごたえのある博物館なので、大分に行かれたらぜひお立ち寄りくださいねわーい(嬉しい顔)

大分香りの博物館のアドレス
http://oita-kaori.jp/

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ




posted by 美波 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック