■1日体験講座の生徒さん募集中
「香り」ファンの方に、気軽に楽しんでいただける体験講座です。
詳しくは下記のページをご覧下さい。
サロンドミナミ * 1日体験講座


■四季のビューティフレグランス講座(秋)オスマンタスコース

調香、香水、アロマセラピーをダイジェストに学んで頂く講座です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
サロンドミナミ * 四季のビューティフレグランス講座(秋)

2008年11月20日

モンサンミッシェルの香り

IMGP0232.JPG

皆様こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

本日は、先日のデザインフェスタでお披露目し、好評をいただきました
「モンサンミッシェル」の香りを紹介します。

海に浮かぶフランスの世界遺産「モンサンミッシェル」は、8世紀の初め、ノルマンディの大司教オベールが3度にわたり大天使ミカエル(サン・ミッシェル)のお告げを受け、この地に礼拝堂を建てたのが始まりです。

IMGP0249.JPG

修道院は11世紀から約500年もの歳月をかけてロマネスク様式やゴシック様式といった建物の増改築が繰り返されました。

IMGP0257.JPG

その後聖地として、多くの巡礼の徒をこの島に招くことになりました。見るからに堅固なその外観は、修道院というよりはむしろ城という感じ。実際、百年戦争中は英仏海峡に浮かぶ要塞として機能した時代もあり、ナポレオン1世の治世には牢獄としても使われていました。

IMGP0272.JPG

IMGP0266.JPG

私が行った時は雨と曇りの天気で、ミステリアスな感じが増しとっても魅惑的でした。遠くからでもあの外観は圧巻で観るものを魅了します。
建物の中に入ると中世のさまざまな建築様式が混ざり合った独特な造りになっていて、外観の圧倒する雰囲気とはまた違った神秘さがありました。

IMGP0250s.jpg

中世、満潮時の時は驚くべき速さで潮が満ち、このため修道院を訪れようとした数多くの巡礼者が命を落としていましたが、1870年、島をつなぐ道路が建設され、満潮時に陸と隔絶されることもなくなりました。最も大きな潮が押し寄せるのは満月と新月の36〜48時間後と言われています。

IMGP0248.JPG

香りは、外観の魅惑的な存在感と修道院の神秘的な雰囲気をフロリエンタルタイプでイメージ。トップノートは輝きを放つシトロンとベルガモット、ミドルノートはジャスミン、ローズ、イランイランでミステリアスさをイメージ。そしてラストノートは、杉の香りで荘厳さを表現しました。静と動、光と影のコントラストを感じる香り。

命がけでたどり着いた修道院で巡礼者は何をお祈りしていたのでしょうか。
宗教と政治が絡み合うなかで、生きながらえてきた修道院。
今も人々を惹きつけてやまないフランス最大の巡礼名所の香りです。

「モンサンミッシェル」の香りをお求めの方は下記のホームページ、メールオーダーページからお願い致します。

http://www.minami1997.com/form/mail.htm








posted by 美波 at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック