■1日体験講座の生徒さん募集中
「香り」ファンの方に、気軽に楽しんでいただける体験講座です。
詳しくは下記のページをご覧下さい。
サロンドミナミ * 1日体験講座


■四季のビューティフレグランス講座(冬)シクラメンコース

調香、香水、アロマセラピーをダイジェストに学んで頂く講座です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
サロンドミナミ * 四季のビューティフレグランス講座(冬)

2008年08月31日

夏の終わりに似合う香り

IMGP0212.JPG

皆様、こんにちは美波です。

今日で8月も終わりですね晴れ

みなさん、夏を楽しみましたかるんるん

本日は、夏の終わりをイメージした香水を紹介します。

L`HEURE BLEUE / GUERLAIN
ルール ブルー / ゲラン


発売:1912年

トップノート: ベルガモット、アニシード
ミドルノート: カーネション、オレンジブロッサム、
        ヘリオトロープ、ブルガリアローズ、チュベローズ
ラストノート: イリス、バニラ、ムスク

香りはフローラルオリエンタルタイプ。フローラル系のなかで、もっとも華やかな香りです。

1911年のある遅い夏の午後、調香師ジャック・ゲランが午後の明るい陽射しが黄昏の「青の時」に変わるにつれて、パリの喧騒は静まっていき、閉じていく花が発散する幻惑的な甘さがあたりいっぱいに広がり、その青の静けさが創作のインスピレーションになったと語ります。

黄昏があたりを青色に変える時、ルールブルーは当時の夏の気だるい雰囲気をイメージしています。

また、ルールブルーはジャック・ゲランの最愛の妻リリー・ゲランに捧げられた最初の香水でもあります黒ハート

ゲラン社は創業者自身が調香師であり、その一族が代々調香師として跡を継いでいる数少ない香水メーカーです。

そして、ゲラン社の数々の香水の創作にインスピレーションを与えた女性の存在に気づきます。

ゲラン社の代々の調香師は「香水は人生を共にしている女性のためにつくるもの。女性の持つ神秘性、その人の官能性を引き出してあげること」がモットーになっているそうです。

パリの調香学校で、生徒のリクエストの香水を創るという授業があり、見事、選ばれたのがこのルールブルーでした。それだけ、愛されている香りなのでしょうかわいい

ゲラン社の調香師の哲学がフランスの女性に伝わっているのが感じとれた瞬間でしたぴかぴか(新しい)

posted by 美波 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 香り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック