■1日体験講座の生徒さん募集中
「香り」ファンの方に、気軽に楽しんでいただける体験講座です。
詳しくは下記のページをご覧下さい。
サロンドミナミ * 1日体験講座


■四季のビューティフレグランス講座(秋)オスマンタスコース

調香、香水、アロマセラピーをダイジェストに学んで頂く講座です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
サロンドミナミ * 四季のビューティフレグランス講座(秋)

2009年12月31日

良いお年をお迎えください!

IMGP0545.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

今年も残りわずかとなりましたが皆様お元気でしょうか晴れ

拙いブログにもかかわらず、今年もたくさんの方にお越し下さいまして本当にありがとうございます揺れるハート

また、このブログから私のイベントや講座にも足を運んで頂き心から感謝申し上げます黒ハート

皆様のおかげでサロンドミナミも来年で14年目に入りますぴかぴか(新しい)

これからも、皆様のお役に立てることが出来るような情報を発信してまいりますので今後ともよろしくお願い致しますハートたち(複数ハート)

皆様、良いお年をお迎えくださませわーい(嬉しい顔)

posted by 美波 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

華やかなパーティにお似合いの香り

IMGP0597.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

今年もたくさんの新作香水が発売されましたが、皆様お気に入りの香りは見つかりましたか?

本日は、今年発売された香水で華やかな席におすすめな香りを紹介しますぴかぴか(新しい)

フローラ バイ グッチ/ グッチ
Flora BY GUCCI / GUCCI

発売年:2009年

グッチのモチーフ、フローラルプリントにインスパイアされた香りかわいい

フローラルを基調としながらも力強い印象の香りでするんるん

フェミニンで官能的なフローラルが基調となったミドルノートは、華やかなローズと中国原産の花、オスマンタスのまろやかな芳香が融合揺れるハート

トップノートはシトラスとピオニーの爽やかさで若々しさを表現晴れ

そして、グッチの香りを象徴するパチュリとサンダルウッドはラストノートを力強く雷

グッチの伝統は守りつつも現在の女性を彩った、若さと深みを併せ持つモダンでフェミニンな香りです黒ハート

これから、新年会など華やかな席にはとってもお似合いの香りですので、ぜひお試しくださいませわーい(嬉しい顔)

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ


posted by 美波 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

ザ ディファレント カンパニー

IMGP0648.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

今年も残すところあと3日ダッシュ(走り出すさま)
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

本日は、21世紀ならではの独創性あふれる香りが揃う、「ザ ディファレント カンパニー」を紹介しますぴかぴか(新しい)

ブルガリのオ・パフメシリーズ、エルメスの庭シリーズなど手掛けた世界的にその名が知られている現在の調香師、ジャン・クロード・エレナとその娘セリーヌ・エレナが1999年に設立した香水ブランド黒ハート

天然香料を豊富に使用した贅沢な香りをコンセプトとし、男女問わず使うことのできる、独創性あふれる香水を次々と生み出しています雷

ボトルはプロダクツデザイナーである、ティエリー・ドゥ・パシュマコフるんるん

私が好きなのは、オスマンチュス揺れるハート

中国の紫禁城を訪れたジャン・クロード・エレナを捉えた感動の記憶をデザインした香り晴れ
250mlにつき20キロの金木犀の花が使われていますぴかぴか(新しい)

日本人に馴染みやすい金木犀の花を贅沢に使用し、爽やかでいて深みのある香りハートたち(複数ハート)

ぜひ、お試しくださいませわーい(嬉しい顔)

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ




posted by 美波 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

ロートレックコネクション

IMGP0409.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)

師走に入り何かとお忙しいと思いますが皆様お元気ですか?

私はずっと行きたいと思っていたBunkamuraザ・ミュージアムで開催されていた「ロートレックコネクション」にやっと行ってまいりましたぴかぴか(新しい)

世紀末のモンマルトルを舞台に活躍したアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1864-1901)は、パリの風俗とそこに生きる人々の哀歓をシニカルな視点と独特の構図で描ききった画家、ポスター作家として知られています。

36年という短い生涯のなかで、多彩な画家たちとの交流を通し、独自の作風を確立していきました。

モンマルトルの画塾でのゴッホとの出会い、敬愛するドガとの交流、年上の画家マネへの憧れ、そしてポスター制作においてはシェレやスタンランらと刺激を受け合い、さらにはボナールなどナビ派の画家とも親交を結んでいます。

私はロートレックの絵から華やかでおしゃれなパりをイメージし、フランスに憧れていました黒ハート

しかし今回、貴族に生まれながらもロートレックが足が不自由であるという肉体的ハンディが、弱き者、夜を生きる人々に共感を感じ愛情を込めて描かれていたことを初めて知り、なぜ彼の絵が人々を惹きつけてやまないのか理由がわかりました揺れるハート

また、日本の浮世絵にも大きく影響を受けていたことも驚きです雷

Bunkamuraザ・ミュージアムは残念ながら本日が最終日でしたが、このあと福岡、広島と巡回しますのでお近くの方はぜひご覧くださいね晴れ

パリのエスプリを感じさせてくれますよわーい(嬉しい顔)

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ





ラベル:ロートレック
posted by 美波 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする