■1日体験講座の生徒さん募集中
「香り」ファンの方に、気軽に楽しんでいただける体験講座です。
詳しくは下記のページをご覧下さい。
サロンドミナミ * 1日体験講座


■四季のビューティフレグランス講座(秋)オスマンタスコース

調香、香水、アロマセラピーをダイジェストに学んで頂く講座です。
詳しくはホームページをご覧下さい。
サロンドミナミ * 四季のビューティフレグランス講座(秋)

2009年06月27日

初夏に似合う香り

IMGP0585.JPG

皆様、こんにちは美波ですわーい(嬉しい顔)
梅雨の晴れ間晴れの天気は気持ちがいいですねぴかぴか(新しい)

本日は、初夏にお似合いの香りを紹介します。

JICKY / GUERLAIN
ジッキー/ゲラン


発売年:1889年

タイプ:セミオリエンタル、アロマティック

トップノート:ベルガモット、ラベンダー、ローズマリー
ミドルノート:ローズ、ジャスミン
ラストノート:トンカビーン、ウッド、オポパナクス、バニラ

写真は、パリ、シャンゼリゼ通りにあるゲラン本店の中にあるフレグランス・テイスティングバーです揺れるハート

お店はいかにも老舗らしい、格調高い、香水専門店特有のエレガントな雰囲気をかもし出していましたぴかぴか(新しい)

私がこのお店に行った目的は、日本では手に入らない「ジッキー」のオードトワレを買うことでした。日本では、パルファン・エキストレのみ発売されています。

調香師はゲランの2代目、エメ・ゲラン。

ジッキーは、初めて天然香料とクマリン(トンカ豆から単離した分子)やバニリンのような合成香料を組み合わせた香り。

それまでの香水は、すべて単一のフローラルノートでしたが「ジッキー」はフローラルにスパイスや動物的な香りを調合し、今までの香水とは違う力強さ、持続性のある香調を生み出し「ジッキーは、初の現代香水」として語り継がれています。

私もパリの香水学校で「ジッキー」を摸倣しましたが、とっても難しかったですふらふら

意外にもベルガモットがかなり配分されており、それがわからなくて、なかなか先生からOKがもらえませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

名前の由来は、甥のジャックの愛称(後の3代目調香師ジャック・ゲラン)からと言われておりますが、偶然にもジッキーは、エメ・ゲランがイギリス留学中に惹かれた少女の愛称でもあったそうです。

エメは彼女にプロポーズしたのですが、彼女の家族が結婚を許さなかったそうです。エメは独身を貫きました。一族が語るには彼は常に彼女の思い出に忠実であり続け、その代わりに彼自身のエネルギーを創造的な香水に注ぎ込んだそうです。

躍動感と魅惑的な香りは映画のシーンにも登場します。
「タンゴ」という映画には、このようなセリフがあります。

「ゲランのジッキーをつけた女に感じるんだ」「たとえブスでも?」「ジッキーをつけた女にブスはいない。妻ともその香りが縁で知り合った。香水で恋におちたんだ」

香りから始まる恋もある、そんなストーリーをコミカルにまとめた「タンゴ」
全編に流れるタンゴの音楽と「ジッキー」の香りの話が印象的です揺れるハート

人気ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願い致しますかわいい人気ブログランキングへ
posted by 美波 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする